読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うっかり母さんの備忘録

カレンダーの印を見ても、何故印があるのか分からない。うっかりものの母が小6、小4、小1の3人の子育てしています。子育て本の失敗例のような子育てしてます。。

映画館の話

どうでもいい、昔話です。

私が小さい頃。

町に一軒だけの映画館がありました。

2本立てでした。

私と兄は、ウルトラマンとアニメの2本立て。

母は大人向けの2本立て。

昔は入れ替え制ではなかったので映画館で一日中過ごせた時代が

ありましたよね。

 

母の映画の終る時間に合わせて、結局2本x2回みた気がします。

 

隣にはひっそり?いえ、あからさまに成人男子向けの映画館も

ありました。

今は映画館はありません。

 

昔の記憶は陽炎のようにうっすらと、でも、

深いところに刻み込まれているような気がします。

 

私が中学生くらいの時に、母と一緒に鹿鳴館という映画を見ました。

初めて、大人向けの映画を見たという興奮。

大人の階段登った気がしました!

浅岡ルリコと当時華々しくデビューした沢口靖子が出てたと思います。

 

同じ時期に9歳年の離れた姉と”ET”をみました。

ETが死にそうな場面で、私は泣きそうになりましたが、

姉の前で泣くのは恥ずかしかったのを思い出します。

 

高校生になって、彼氏が出来ました。

手を握るのがやっとの純情なお付き合いでした。

バック トュー ザ フューチャー3を見に行きました。

嬉し、恥ずかし、THE デートです。

 

なんだか、今日は感傷的で気を抜いたら泣きそうです。。。

いや、もう泣いてるわ。

そんな日がありますよね。