読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うっかり母さんの備忘録

カレンダーの印を見ても、何故印があるのか分からない。うっかりものの母が小6、小4、小1の3人の子育てしています。子育て本の失敗例のような子育てしてます。。

彼がからかいを無視する日がくるのか。

すっかりブログ更新がままならなくなってます。

いつにも増して心がぐらついているからかな。

子育てに正解はないし、親も子も聖人君子ではないので、

すぐに、どたばた、どろどろ、ぐちゃぐちゃします。

情緒面、運動面、勉強面、不安を上げればきりがなくて、

自分の理解の及ばないような、返答をされると。

理解のできない子供を、100%信頼して、あなたは大丈夫って

言い切れるんだろうか?とまたぐらつきます。

高畑淳子の会見を見て、私は100点満点だなぁと思いました。

息子の犯罪を謝りつつ、かつ子供を愛してますと。

結局、たたかれまくってますけど。

本当に、許しがたい犯罪です。

でも、、どうしようもないじゃないですか。

本当に、自分の子供が将来、なんの犯罪にも手を染めずに

生きていけるかどうかなんて、全くわからない。

でも、そこにあるたった一つの事実は自分の子であること。

だが、しかし、

とばっちりで、高畑容疑者と名前の頭文字が一緒なので、

うちの子供は逮捕後、からかわれています。

からかわれて、

無視するとか、

関係ないだろって威厳をもって一蹴するか、

が出来ない彼は、いやがって、騒いで、キレて

友達を叩いたり蹴ったりしてしまうそう。

からかい自体は、腹立たしいし、なんとかしなくちゃとも思いつつ。

 

息子にどうしたい?先生に相談する?

と聞いたら、

『先生はあてにならない。無視しろって言うだけ。』

 

先生があてにならない件は、大分同意見ですが、

(若い先生で、、自分のことに一杯一杯の先生です)

まぁ、無視しろって正解なんですが、、、

 

問題は、

息子がからかいに対して、無視することが出来ないタイプ

だということ。三つ子の魂百までという感じで、これは

何をどういっても、彼の魂に届きません。1mmも。

何年も言い続けてきた、結論です。

ちょっかいされたら、

やり返す、絶対に自分が強く、多い回数でやり返すまで続ける。

それが出来ない状況になると、騒ぐ、キレる。

ちょっかい出す相手は、面白くてたまりません。

いい遊び相手です。ムキになる姿が滑稽なのでしょう。

 

家でも、弟、妹にちょっかいをだされて、騒いで、キレまくる息子。

何百回も、無視しなさい、もういい加減にしなさいと怒る母親。

息子にとってこの世界は楽しいのだろうか。

息子はちょっかいを出されたくない、ちょっかいを出す方を

怒ってと言います。確かに、そうなんですが、ちょっかいと言っても、

最初はほんのささいなタッチとかです。

彼は、無理やり鬼ごっこに参加させられるのが本当にいやだというのです。

そこから、しつようにやり返す息子に、相手もちょっかいが

いたずらレベルまでになり、たたき合いにまで発展します。

で、やっぱり、やりたくないなら、無視しなさいと言ってしまいます。

無限ループです。

 

たとえ、からかう方に注意してやめさせたとして、

次なるからかいがでてきます。だって人間だもの。(あいだみつお)

もぐらたたきをするよりかは、彼が、からかいに対抗するアイテムを

身につけなくては意味がありません。

今後、友達・兄弟間以外にも中学高校と先輩というさらなる敵?

も出てきます。社会にでてもパワハラ上司とか。

それが、聖なる剣なのか、目くらましか、彼自身が

見つけなくては多分、彼のスキルにはならないのかも。

それが見つけられない限りは、彼は同じ石ころに毎日、毎日

つまづいて転び続けるだけです。

 

とりあえず、、、

無視しなさいと言う以外に、新しいアプローチが

思いつきません。

 

はぁ、今日も大騒ぎするんだろうな。